脂質制限と糖質制限のちがい

 

前回より、『糖質制限』 について書き始めました。
この 『糖質制限』 に対して『脂質制限』というダイエットの方法もありますが、どうなんでしょうか。

今回は『糖質制限』 と 『脂質制限』 の違いについて書いていきましょう。

 

【糖質制限はなぜやせられるのか?】

糖質制限はなぜやせられるのでしょうか?
糖質を制限すると、血糖値は上がりづらくなり、結果やせることになります。

もう少し詳しく書くと、血糖値が上がるとエネルギーが発生しますが、一気に上がると余分にエネルギーが発生しそれが消化できず脂肪に変わり、身体についてしまいます。

糖質制限をしていると、カロリーを使ってエネルギーにするというよりは、脂質をエネルギーにすることになります。身体に蓄積している脂肪を使ってエネルギーにするので、脂肪が燃焼され、結果的にダイエットにつながります。

なので脂質をとらず、糖をエネルギーにするだけですと、摂取した糖をエネルギーに変えていきますので、身体の脂肪を燃やす状態になるまでたどりつくのに時間がかかり、なかなかやせるまでに至らないのです。

 

【では脂質なら何でもよいの?】

よく、「脂質=体脂肪」というイメージを持たれる方も多いのですが、これは間違いです。
ただ脂質にもよい作用のあるものと、そうでないものがあります。

では、脂質を含む食品で摂取してよいものにはどんなものがあるでしょう?
まず、摂ってよい脂質というよりむしろ摂ったほうがよい脂質は、
・飽和脂肪酸の肉類
・不飽和脂肪酸の魚・オリーブオイル

これらの脂質は、摂ったほうが、身体の脂肪を燃えやすくしてくれます。

逆に摂らないほうがよいのトランス脂肪酸を含むマーガリンです。これは、身体の脂肪になってしまいます。

 

【ワンポイントアドバイス】

短期でダイエットの結果を出したいのなら、『糖質制限』は効果が高いでしょう。

先程も書いたように、血糖値を上げづらくすると余分なエネルギーを発生させて体脂肪になるのを抑えてくれます。
そういった点で、オリーブオイルは、血糖値を上げづらくしますので、食前30分前くらいにオリーブオイルを飲むと抑制効果があります。